キャリートレードには「巻き返し」がある

キャリートレードは、低金利の通貨を調達し、その資金を高金利の通貨に換え、株式や債券、商品相場、不動産などで運用する投資方法です。
レバレッジを効かせて投資をおこないますので、大きな収益が期待できます。

[PR]
北九州市 茶道具買取北九州市 絵画買取・売却、北九州市 骨董品買取・売却はえんやにおまかせください。鎌倉 アンティーク、鎌倉 遺品、鎌倉 掛軸
オンライン英会話 日本人講師といえば「EIGODO」です。フィリピン人では分からない、日本人ならではの指導法で、あなたを成功に導きます。
シナリオ 教室なら『日本脚本家連盟ライターズスクール』 脚本シナリオライター養成講座
国公私立の大学・短大・専門学校など全国の教育機関を揃えた学校案内の電子図書館
福島県郡山市の/公務員 、社会保険労務士 、税理士 /の 合格ならライセンスアカデミー/福島県郡山市 社会保険労務士資格

キャリートレードがおこなわれる場合、世界中のヘッジファンドなどが、いっせいに同じポジションを取るため、その取引が片方に偏ってしまいます。
そのため、キャリートレードの前提である

1.ある国の低金利状態が長期間続くという想定される場合
 2.今後も外国通貨との金利差の拡大が想定される場合
 3.将来的にある国の為替相場が「売られる」可能性が高いと想定される場合

のうち、ひとつでも崩れてしまうと、一気にポジション解消の動きに出ます。
そのため、相場は一気に逆方向に進んでしまいます。

キャリートレードを得意とする海外のヘッジファンドなどは、もの凄い勢いで資金の引き上げを行います。
そのため、気づいたら含み益が一気に消え、大きな含み損を抱えてしまった…、などといったことも起こりえます。

1990年代後半は、円のキャリートレードが頻繁におこなわれており、1998年8月には147円64銭という円安値を記録しています。
しかし、円キャリートレードを利用して新興国市場に巨額投資を行っていた大手ヘッジファンドが破綻したことをきっかけに、他のヘッジファンドらも一斉に円キャリートレードの解消の動きに出始めました。
それにより、10月初旬に111円台にまで円が急落しています。

このように、急激な為替変動が起きますので、そのリスクを十分認知しておかなくてはなりません。

[PR]
全国の国公私立大学、短期大学、専門学校の学校案内をデジタルブックで確認!
東京近郊で異業種交流会、ビジネス交流会、ビジネスマッチングを推進
永代供養 浜松 で探すなら浜松メモリアルガーデン。今人気の自由霊園
フリーライター になるには、フリーライター養成学校『日本脚本家連盟ライターズスクール』 東京・六本木