英ポンド の特徴

主要な通貨の1つとしてウォッチしておきたい通貨がイギリスで流通している「ポンド」です。
かつては基軸通貨としての役割を担っていましたが、アメリカの台頭とともに米ドルにその座を明け渡しました。
さらに、ヨーロッパ通貨「ユーロ」の登場で、存在感はさらに薄くなってしまいました。

[PR]
約30年と歴史を誇る、作詩家養成学校『日本脚本家連盟ライターズスクール』 東京・六本木
脚本 学校なら『日本脚本家連盟ライターズスクール』 脚本シナリオライター養成講座
全国の国公私立大学、短期大学、専門学校の学校案内をデジタルブックで確認!
福島県いわき市での/公務員 いわき市司法書士 いわき市行政書士 いわき市/の合格ならライセンスアカデミー
北九州市 茶道具買取北九州市 絵画買取・売却、北九州市 骨董品買取・売却はえんやにおまかせください。鎌倉 アンティーク、鎌倉 遺品、鎌倉 掛軸

英ポンドの特徴は、高金利通貨であるということです。
1989年には金利が最大15.625%をつけましたが、その後は下落基調をたどっています。
それでも、円の金利と比べると高いため、スワップポイント狙いで長期保有しておくと、外貨預金の感覚で運用することができます。

英ポンド円チャート

この他では、次のような点に注意しておきましょう。

1.他通貨との関係
英ポンドの動きをみてみると、米ドルと相反関係の傾向があります。
また、英ポンドに材料が無い場合には、ドルやユーロ、円などの相関関係で相場が動くという特徴もあります。
そのため、「ドル・円」や「ユーロ・円」の値動きに注意をしておかなくてはなりません。
また、「英ポンド・ユーロ」「英ポンド・ドル」の通貨ペアの動きもなどもチェックしましょう。

2.英ポンドの情報
英ポンドのレートは、米ドルやユーロのようにニュースなどで報道される機会は多くありません。
WEBなどの情報を積極的にチェックして、情報収集に努めましょう。

3.英ポンドの流通量
英ポンドの流通量は、それほど多くありません。
そのため、比較的値動きの激しい通貨としても知られています。
対円相場では、で1日に2円動くことも珍しくはありませんので、タイミングをとらえれば、デイトレードでも十分な利益をあげることができます。

[PR]
樹木葬 浜松 最大級。多彩な墓地スタイルが人気のガーデンニング霊園
国公私立の大学・短大・専門学校など教育機関を揃えた学校案内のデジタルライブラリー
福島県郡山市の/公務員 、社会保険労務士 、税理士 /の 合格ならライセンスアカデミー/福島県郡山市 社会保険労務士資格
オンライン英会話 日本人講師といえば「EIGODO」です。フィリピン人では分からない、日本人ならではの指導法で、あなたを成功に導きます。