FXで参考にしたい経済指標 「生産者物価指数」

生産者物価指数は物価情勢を知ることのできる指標です。
日本の卸売物価が輸送費、流通費を含むのに対し、生産者物価は出荷時点での価格ですので、アメリカの生産者物価指数とは異なります。

[PR]
全国の国公私立大学、短期大学、専門学校の入学案内をデジタルブックで確認!
東京近郊で異業種交流会、ビジネス交流会、ビジネスマッチングを推進
フリーライター になるには、フリーライター養成学校『日本脚本家連盟ライターズスクール』 東京・六本木
今話題の英会話 バイリンガル日本人講師が教える「EIGODO」!日本人講師の丁寧な指導が25分333円~受けられます。
北九州市 茶道具買取北九州市 絵画買取・売却、北九州市 骨董品買取・売却はえんやにおまかせください。鎌倉 アンティーク、鎌倉 遺品、鎌倉 掛軸
国公私立の大学・短大・専門学校など教育機関を揃えた学校案内のデジタルライブラリー

■ 米国の生産者物価指数の見方
米国では、米国労働省が米国製造業者の販売価格の動向を測定・算出し、指数として公表しています。

米国生産者物価指数は、消費者物価指数の発表の前に発表されますので、消費者物価指数の動向を占う指標として注目されています。

米国生産者物価指数の中では、「製造過程別・完成品」の「コア指数」が、「原材料や中間財といった途中過程よりも、完成品のほうがより消費者の生活実感に近い物価である」との理由で注目されます。
FOMCも金融政策の判断材料として「コア指数」を重視していることからも、その重要性を理解いただけるはずです。

■ 生産者物価指数の判断の仕方

金利差が相場のテーマとなっている場合には、「米国生産者物価指数(コア指数)が上昇」すると、インフレ懸念が台頭するため利上げを行う可能性が高まります。
よって、ドルが買われる要因となります。

いっぽう、インフレが米国の景気減速懸念となっている場合には、「米国生産者物価指数(コア指数)が上昇」すると、インフレ懸念が台頭するため、米国経済の景気減速が懸念されるようになります。よってドルが売られる要因となります。

このように、指数だけで判断するのではなく、相場全体のトレンドや背景も念頭に判断しなくてはなりません。

そのためにも、
1.発表時の相場のトレンドを認識すること
2.事前予測との比較をする
などして、発表時の相場のトレンド、テーマを認識しておきましょう。
また、米国生産者物価指数などの重要経済指標は、アナリストの事前予想が流れていますので、そこからどれだけ上ブレ・下ブレするのかにも注意を払うといいでしょう。

[PR]
樹木葬 浜松 最大級。多彩な墓地スタイルが人気のガーデンニング霊園
福島県郡山市で司法書士の資格を取得するなら みとみ学園ライセンスアカデミー/福島県郡山市 司法書士資格
シナリオ 学校なら『日本脚本家連盟ライターズスクール』 脚本シナリオライター養成講座

写真 出典